ザイザルの効果・効能はどのくらい続く?発現までの時間は?

ザイザルは優れた抗ヒスタミン薬

ザイザルの適用疾患
アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患

アレルギー性鼻炎の症状を緩和します

植物の花粉が原因で起こる「季節性アレルギー性鼻炎」いわゆる花粉症や、ほこりやハウスダストが原因となって年中花粉症のような症状が続く「通年性アレルギー性鼻炎」のどちらに対してもザイザルは効果を発揮します。
鼻炎薬としては比較的即効性が高く、効き目も1日中続くとされており、持続性にも優れています。

蕁麻疹、アトピーなどの皮膚疾患の症状を改善します

ザイザルの主成分レボセチリジン塩酸塩は、蕁麻疹、皮膚炎、湿疹、アトピーの症状改善やかゆみなどの緩和にも効果があります。
ザイザルの皮膚疾患における適用範囲は次のとおりです。

  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 痒疹
  • 皮膚そう痒症
  • アトピー性皮膚炎

いずれに対しても高い効果が期待できるので、皮膚疾患の治療にもザイザルが使われるケースが多くあります。
湿疹・皮膚炎に対する有効率は66%で、慢性蕁麻疹における有効率は77%もあります。同様の症状に効果があるとされている抗ヒスタミン薬のなかでもかなり優秀です。

ザイザルの作用

ザイザルの効果が出るまでにかかる
発現時間は1時間半くらいです

ザイザルは比較的すぐに効くタイプの抗ヒスタミン薬です。効果発現までの時間は、飲んでから1時間程度です。

ザイザルは、強力な抗ヒスタミン薬のジルテックが改良されたもので、ジルテックの眠気の作用を大幅に改善することを目的に開発されました。ジルテックも即効性が高い薬ですが、効果発現までに1時間半ほどかかります。
これを踏まえると、ザイザルは効くまでの時間短縮にも成功しています。

ザイザルの効果は1日中持続します

ザイザルは、1日1回の服用で1日効果が持続するとされています。薬の効果が半減しはじめるのは、服用から約7時間後です。
成人の場合、1回の服用はレボセチリジン塩酸塩を5mg(1錠)とし、寝る前に飲んで1日効きます。

眠気の作用はけっこうつらいです

ザイザルは、眠気の原因となる脳内のヒスタミンには作用しないタイプの第二世代抗ヒスタミン薬ですが、それでも眠気の副作用がでる場合があります。強い眠気がでる場合もありますので、服用後は自動車の運転や危険を伴う作業を避けるようにしてください。
ザイザルを飲む場合は、眠気対策もあわせてご覧ください。

ザイザルの眠気をどうにかしたいザイザルの眠気がひどい場合の対策方法