3月・4月【なんの花粉】春の花粉症

貼るの花粉症の原因はなに?

3月・4月の花粉はなに?

春の時期に飛んでいる花粉の種類

陽気は暖かく、進学や就職など新生活がはじまり、心も躍る季節=春。しかし、春と聞くと花粉症に悩む私たちを憂鬱な気分させるのが「春花粉」です。

春の花粉で、もっとも広域的に花粉症患者を悩ませている筆頭は、スギ・ヒノキの花粉ですが、この時期はブナ科の植物などの花粉も飛んでいます。3月、4月の時期に飛んでいる花粉の種類を見てみましょう。

3月、4月に花粉を飛ばす植物

スギ・ヒノキのほかにも、実はこれだけ多くの花粉が3月~4月にかけて飛んでいます。
以下に春の花粉についてまとめていますので、ご覧ください。

春の花粉症の7割はスギ・ヒノキが原因

スギ・ヒノキの花粉(北海道を除く全域)

2月から勢いを強めるスギ花粉は、4月中旬以降まで猛威を振るいます。とくに3月はスギ花粉のピークの時期にあたりますので、スギ花粉症の患者にとって一番つらい時期となります。

ヒノキ花粉は、3月中旬から勢いを増し、4月下旬までが飛散のピークになります。スギ・ヒノキの両方にアレルギー反応を起こす方は、2月に入ると同時に花粉症の薬を飲み始めて、4月いっぱいまで薬を切らさないように持っておきましょう。

スギ・ヒノキの花粉は、北海道を除く日本全域で多く飛散します。花粉症の薬を早めに飲んで対策をするのが有効ですが、すでに発症してしまっている場合は、即効性があるザイザルがおすすめです。

スギ花粉はいつから?いつ終わる?スギ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング ヒノキ花粉やいつから?いつ終わる?ヒノキ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

スギ・ヒノキ以外で
春の花粉症の原因になる植物

ハンノキの花粉(北海道・東北)

ハンノキの花粉は1月~4月頃にかけて日本全域で飛散します。特に北海道、東北地方に多く生息しています。
北海道では、ハンノキ花粉が飛散する時期が本州のスギ花粉の時期と重なるため、スギ花粉症と間違われることがありますが、北海道にスギはあまり生息していないので、春の北海道の花粉症は、ハンノキやシラカンバによることがほとんどです。

オオバヤシャブシの花粉(おもに西日本)

カバノキ科のオオバヤシャブシは、3月、4月に花粉が飛散します。兵庫県の六甲山周辺がおもな生息地域ですが、最近は全国的に住宅地として開発されている地域にも植樹されています。
関東でも、住居周辺にオオバヤシャブシがある場合は、春の花粉に要注意です。

イネの花粉(日本全域)

イネ科の植物の花粉は、夏にピークを迎えますが、関東・関西・九州では4月中旬から花粉が飛び始めます。とくに関東地方では、5月から6月にかけてイネ花粉がピークを迎えますので、4月に入ったら花粉症の薬をすぐに飲めるように用意しておくことをおすすめします。

5月から夏場の花粉所はイネ花粉が原因5月・夏の花粉症の原因はイネ科の花粉【どう対処する】

ブナ・コナラ・クリの花粉(日本全域)

ブナ科の花粉は全国で飛びますが、主な生息域は山野になります。西日本から南の地方で3月~5月にかけて花粉が飛散します。
ブナの仲間では、コナラ属の花粉がおもに花粉症の原因となります。
住居が山に近く、これらの樹木が栽培されている場合は、春の花粉に要注意です。

ケヤキの花粉(日本全域)

温暖な地域ではケヤキの花粉が4月、5月に飛散します。景観が美しいケヤキ並木も、この時期は近寄らないようにしましょう。
ケヤキが生息している行楽地に赴く場合は、花粉症の薬を持って出かけるようにしましょう。

イチョウの花粉(日本全域)

イチョウの花粉は、4月、5月に飛びます。日本全域に植樹されている樹木ですので、イチョウがある寺社、公共施設、学校などの近くでは、春のイチョウ花粉に注意してください。

アカマツの花粉(日本全域)

山野、丘陵、海岸付近に多く生息するほか、庭園などにもよく使われているアカマツの花粉にも注意が必要です。アカマツの花粉は、4月~7月にかけて全国で飛散します。