ヒノキ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

ヒノキ花粉やいつから?いつ終わる?

ヒノキ花粉対策『薬はいつ飲む?』

ヒノキ花粉が飛んでからでは遅い!
花粉症の薬は早めに飲み始めましょう

花粉症の症状がでてからでは遅い

花粉症の薬は、一度花粉症の症状を発症してしまうとなかなか効かなくなってしまいます。
花粉症の症状がでると、鼻の粘膜がやられてしまったり、免疫力が低下してしまいます。そうなってからでは薬で症状を抑えることが難しくなってしまうのです。

ヒノキ花粉のアレルギー症状を緩和する前にまず「予防する」ことを心がけましょう。
早めに花粉症の薬を飲むことで、ヒノキの花粉症の発症を食いとどめることが可能です。
4月を過ぎるとヒノキ花粉は終息します。
できる限り花粉症の発症を遅らせることで、辛い期間を短くできますので、以下の「服薬カレンダー」を参考に早めの対策をしてください。

ヒノキ花粉対策にアレグラを飲む
目安はヒノキ花粉が飛ぶ2週間前

ヒノキ花粉対策に花粉症の薬を飲むタイミング

ヒノキ花粉の予防に薬を飲みはじめる目安は、ヒノキの花粉が本格的に飛ぶ2週間前です。
3月中旬頃からヒノキ花粉がピークに入る関東と九州では、2月下旬からアレグラを飲み始めると良いでしょう。
その他の地域では、3月中旬からアレグラを飲んで4月のピークに備えましょう。

花粉症の症状があらわれる前に薬を飲み始めるのは効果的な「初期療法」で、中等症以上の花粉症患者にとくに有効だといわれています。
ヒノキの花粉アレルギーの方は、2月頃から花粉症の薬を買い置きして、万全の備えとしましょう。

スギ花粉にもアレルギーがある場合はどうする?

ヒノキとスギの両方の花粉アレルギーの方は、スギ花粉のピークに合わせて薬を飲み始めて、ヒノキ花粉が終息するまで飲み続ける必要があります。
スギ花粉のピークが2月~4月頃ですので、花粉症の薬は1月下旬頃から飲んでおかないと間に合いません。
詳しくは以下のページをご覧ください。

スギ花粉はいつから?いつ終わる?スギ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

ヒノキ花粉のピークは3月~4月
関東では2月あたりから早めの対策を

ヒノキ花粉の飛び始めとピークがわかる飛散情報カレンダー

地域別ヒノキ花粉の飛散時期カレンダー
【非常に多い】ヒノキ花粉のピーク
東北地方:4月はじめ~4月末
関東地方:3月上旬~4月末
東海地方:4月はじめ~4月中旬
関西地方:4月はじめ~4月中旬
九州地方:3月上旬~4月上旬
【いつまで?】ヒノキ花粉の飛散が落ち着く時期
東北地方:5月中旬頃
関東地方:5月中旬頃
東海地方:4月中旬頃
関西地方:4月末頃
九州地方:4月中旬頃

ヒノキ花粉は、北海道と沖縄を除く地域で4月に最も多く飛散します。例年の傾向として、関東と九州では他地域よりも早い3月上旬あたりからヒノキ花粉がピークを迎えます。
ヒノキ花粉の全国的なピークは4月。ヒノキ花粉の飛散時期が一番長いのは関東地方で、2月~5月中旬にかけて飛散量も多くなります。

ヒノキ花粉は、4月が終わると落ち着いてきます。東北と関東では、5月に入ってもヒノキ花粉が飛散しますが、ピーク期と比べると飛散量は減ります。

ヒノキ花粉対策『おすすめの花粉症薬』

[東北地方] ヒノキ花粉情報

東北のヒノキ花粉

東北では、3月中旬あたりからヒノキ花粉の飛散量が増していき、4月いっぱいがピークになります。その後は次第に飛散量が減って、5月中旬頃にはヒノキ花粉は終息します。

ヒノキ花粉対策として、花粉症の薬は3月に入ると同時にアレグラなどを飲み始めると効果的な予防になります。

[関東地方] ヒノキ花粉情報

関東のヒノキ花粉

関東地方は、スギ花粉と同様にヒノキ花粉の被害も全国一です。1月下旬からヒノキ花粉は飛び始めて、2月になると飛散量が増加します。
関東のヒノキ花粉は、3月上旬頃からピークに入り、4月末まで非常に多く飛散します。
5月に入ると飛散量は落ち着きますが、中旬以降までまだまだ多くのヒノキ花粉が飛びますので、引き続き注意が必要です。

ヒノキ花粉対策として、花粉症の薬は1月下旬からアレグラなどを飲み始めると効果的な予防になります。

イネの花粉アレルギーもある方は、入れ替わるように夏の花粉(イネ科の植物)が飛びますので、2月~7月あたりまでは花粉症の薬をきらさないように持っておきましょう。

[東海地方] ヒノキ花粉情報

東海のヒノキ花粉

東海地方は、全国でも比較的ヒノキ花粉のピークが短いのが特徴です。注意すべきは4月上旬~中旬ですが、3月中旬あたりからヒノキ花粉の飛散量が増えますので、早めの対策をしておきましょう。
東海地域では、4月中旬頃にヒノキ花粉は終息します。

ヒノキ花粉対策として、花粉症の薬は3月上旬からアレグラなどを飲み始めると効果的な予防になります。

[関西地方] ヒノキ花粉情報

関西のヒノキ花粉

関西・中国地方のヒノキ花粉は、3月上旬から飛散量が増えていき、4月中旬以降までがピークとなります。5月に入るとヒノキ花粉は落ち着き、終息期を迎えます。
この地域では、微量ですが2月からヒノキ花粉が飛びます。

ヒノキ花粉対策として、花粉症の薬は2月下旬からアレグラなどを飲み始めると効果的な予防になります。

[九州地方] ヒノキ花粉情報

九州のヒノキ花粉

九州では、ヒノキ花粉のピークが全国でも比較的早い3月上旬に来ます。その後は4月上旬あたりまでがヒノキ花粉の飛散ピークとなり、4月中旬以降は落ち着いて、終息を迎えます。

九州では、3月にヒノキ花粉とスギ花粉のピーク時期がかぶりますので、両方にアレルギーがある方は2月~4月が要注意となります。

ヒノキ花粉対策として、花粉症の薬は2月中旬からアレグラなどを飲み始めると効果的な予防になります。

ヒノキ花粉症の特徴

ヒノキの花粉症の症状

ヒノキの花粉症の症状・特徴

ヒノキの花粉症も症状はスギ花粉症と大きく違いはありません。ですが、ヒノキ花粉アレルギーの特徴として「目のかゆみ」が挙げられます。スギとヒノキのどちらに反応してしまっているのかを見分ける方法として
『目のかゆみがひどい場合はヒノキ』
『くしゃみが多い場合はスギ』

というように判断できます。

スギ・ヒノキ両方の花粉症という方もたくさんいます

春の花粉症の下人のほとんどがスギ・ヒノキの花粉です。スギとヒノキの両方の花粉アレルギーの方も多くいます。
スギ花粉症に関する情報は、こちらのページを参考にしてください。

スギ花粉はいつから?いつ終わる?スギ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

ヒノキの次はイネ花粉が来る

ヒノキ花粉と入れ替わるように初夏の気候とともにイネ花粉が飛来します。
イネ花粉にもアレルギー反応がでる方は、こちらのページを参考にしてください。

5月から夏場の花粉所はイネ花粉が原因5月・夏の花粉症の原因はイネ科の花粉【どう対処する】

おすすめの花粉症薬

【ヒノキ花粉症の予防に効く】
花粉が飛ぶ前に飲みはじめてしっかり予防する場合

事前の予防にはアレグラが最適です。飲みはじめる目安は、花粉が飛ぶ2週間前。まだ花粉症の症状がでないうちから飲みはじめると、花粉症の発症を遅らせることができます。眠気も少なく、高い予防効果が期待できるアレグラがおすすめです。

【ヒノキ花粉症にすぐ効く】
すでに花粉症の症状がでてしまっている場合

すでに花粉症の症状がひどい場合は、即効性がある花粉症の薬ザイザルを使うと、1錠で1日中鼻炎を抑える効果があります。
ザイザルは花粉症の薬の中でも中程度の強さの薬で、効き目が強い薬のなかでも比較的眠気が少ないタイプのが特徴です。