アレグラと飲み合わせ注意!市販薬のチェックポイント

アレグラと一緒に飲むのはちょっと待って

アレグラと風邪薬の飲み合わせ

市販の風邪薬の多くは抗ヒスタミン効果があり、薬効がアレグラとかぶってしまいます

市販の風邪薬の多くは、鼻炎症状を緩和する「抗ヒスタミン効果」が備わっています。
この作用が備わっている風邪薬には、抗ヒスタミン作用をする成分が含まれており、アレグラと成分・働きがかぶってしまいます。

抗ヒスタミン効果がある風邪薬とアレグラを一緒に飲んだ場合、同成分の過剰摂取によって、眠気などの副作用が強くでてしまいます。

クロルフェニラミンマレイン酸塩などの成分を含んでいるかチェック

アレグラを飲んでいて、市販の風邪薬を使用する場合は、上記のいずれかの成分が含まれていないか、パッケージをよく確認してください。

アレグラと合わせて飲める市販の風邪薬のリストなど、詳しくはこちらのページをご覧ください。

花粉症の薬と風邪薬の併用はOK?花粉症に風邪薬は効く?

アレグラと頭痛・鎮痛薬の飲み合わせ

一部の頭痛・鎮痛薬に含まれている成分には、アレグラの効果を弱くしてしまうものがあります

合成ヒドロタルサイト、酸化マグネシウムなどを使用している頭痛薬は、アレグラの効果を弱めてしまうことがあります。
どちらも一般的に使われている成分ですので、アレグラと頭痛・鎮痛薬を併用する場合は、パッケージに記載されている成分に注意してください。

合成ヒドロタルサイトなどの成分が含まれていないかチェック

市販の頭痛・鎮痛薬で、アレグラとの飲み合わせに問題がある成分を含まない商品を一部ご紹介します。

市販されている頭痛・鎮痛薬で
抗ヒスタミン作用を妨げない商品例
エキセドリン
イブ(イブクイック頭痛薬を除く)
大正トンプク
ナロン
ナロンエース(ナロンエースRを除く)
ナロンメディカル
ロキソニンS(ロキソニンSプラスを除く)
サリドン

上記はあくまでも市販薬の一部です。ここにない頭痛・鎮痛薬はダメというわけではありません。

アレグラと胃薬(制酸薬)の飲み合わせ

一部の胃薬に含まれている成分には、アレグラの効果を弱めてしまうものがあります

食べすぎ、飲みすぎ、胃のもたれ、胸焼けなど、胃薬はさまざまな胃の症状を解消してくれますが、アレグラとの併用には注意が必要です。

炭酸水素ナトリウム、酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイト、水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウムなどの成分を含む胃薬は、アレグラとの飲み合わせが良くありません。
これらの成分は、アレグラの抗ヒスタミン作用を妨げてしまうので、アレグラの効果を弱くしてしまいます。

合成ヒドロタルサイトなどの成分が含まれていないかチェック

すべての胃薬がアレグラと飲み合わせが悪いわけではありません。アレグラと一緒に飲める市販の胃薬の商品リストなど、詳細はこちらのページで確認してください。

胃の薬が花粉症の作用を妨げてしまう花粉症の薬と胃薬・制酸薬には相性がよくないものもある

アレグラとエリスロマイシンの飲み合わせ

エリスロマイシンは、アレグラの効果・副作用を強くしてしまいます

エリスロマイシンは、マクロライド系の抗生物質で、マイコプラズマなどに用いられる薬です。病原微生物が生育するのに必要な蛋白質が作られるのを阻害する働きをします。
ペニシリンにアレルギーがある人に対して使われます。
クラミジア、梅毒、淋病などの性病治療にも適用されます。

エリスロマイシンとアレグラを併せて飲むと、アレグラの作用が強く出てしまい、眠気などの副作用も強くしてしまうので、飲み合わせには注意が必要です。

エリスロマイシンは市販薬がありません。
病院でエリスロマイシン、エリスロシンが処方された際は、アレグラを飲んでいる旨をお医者さんに相談してください。